お気に入りに追加

Winbiff 2.51 PL2

スポンサードリンク

Windows対応電子メールソフト。

Winbiff
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2008-08-01
対応OS: Windows Vista,Windows XP,Windows 2000
ファイルサイズ: 5.95MB
ソフト作者: (株)オレンジソフト

対応言語

Winbiff 2.51 PL2】の開発者説明

Advertisement
特徴

Windows Vista 対応
V2.51より Windows Vista で既定の電子メールプログラムとして利用できるようになりました。

中国語対応
V2.51より中国語でのメールの作成が可能になりました。

迷惑メールフィルタ
V2.50より迷惑メールフィルタを搭載しました。Winbiffが邪魔な迷惑メールを自動的に検出して削除します。

IMAP4対応
次世代のメールプロトコルであるIMAP4(RFC2060)に対応しました。モバイルコンピューティング、リモートアクセスに最適です。
もちろん従来のPOP3にも対応しています。

IMAP4の日本語フォルダ名対応
UTF-7に対応し、IMAP4サーバで日本語フォルダ名を使用できます。

マルチホスト対応
IMAP4、POP3に関わらず、同時に複数のサーバーにアクセスすることができるようになりました。

マルチビュア
同時に複数のフォルダを表示することができます。

暗号化対応
弊社の S/Goma と組み合わせることでS/MIMEに対応した暗号化をサポート。
Winbiff V2.20 より Goma Version2.01 で PGP5.5 での暗号化もサポートしました。( PGP 本体は別途入手して下さい)
大切なメールを簡単に暗号化、複号化できます。

SSL対応
SSLにより、通信経路上のデータを暗号化することができます。

LDAP対応
LDAP サーバからメールアドレスを検索できるようになりました。
日本語(UTF8)にも対応しております。

テンプレート機能
テンプレート機能により定型文を簡単に送れます。

インテリマウスに対応
マイクロソフトのインテリマウスを使用している場合は、マウスボタンの間のホイールでスクロールの操作を行えます。

HTML形式、Enrich形式のメールに対応
HTML形式、Enrich形式メールも表示できます。

書きかけのメールの保留
かねてよりご要望の多かった、書きかけのメールの保留ができるようになりました。
いつでもメール作成を中断、再開できます。

英文スペルチェック機能搭載
つい打ち間違えてしまったスペルもしっかり直してからメールを送ることができます。

移行も簡単
Winbiff V1.62 をご利用になっていた方は、環境設定をそのまま V2.xに簡単に移行できます。もちろん、いままで受け取ったメールもそのまま読めます。

マルチユーザ対応
1台のマシンで、複数ユーザにてご利用いただけます。(同時に利用できるのは1ユーザのみ)

MIME対応
MIMEに対応しており、日本語のサブジェクトはもちろん、添付ファイルも使用できます。

さまざまな漢字コードに対応
送受信の漢字コードはJIS/SJIS/EUCの3種類を使用することができますので、イントラネットで決められている漢字コードでもご利用できます。
受信時は漢字コードを自動判別することができます。

振り分け機能
着信メールをいろいろな条件によって振り分けし、メールを整理しておくことができます。

ソート機能
メールはサブジェクト/時刻/送信者別にソートすることができます。

スレッド表示
メールをスレッドで表示することができるので、話の流れがつかみやすく、メールの返事を見失う事もありません。

色分けボディ
メールのヘッダや本文中のメールアドレス、URL 等を色分け表示できるので、 重要な部分も一目でわかります。

クリッカブルURL、クリッカブルアドレス
メールのヘッダや本文中のメールアドレスをダブルクリックすると、そのアドレスが宛先に入った送信画面が開きます。
また、URL をダブルクリックすると、Web ブラウザが起動してそのURLにアクセスできるので、打ち間違いなく、すばやく情報がみることができます。

95Reader に対応
音声読み上げソフト 95Reader(「キュー・ゴー・リーダー」)に対応しています。

プログラム関連 Winbiff

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com